本年もよろしくお願いいたします。

d0106559_3303573.jpg

[PR]

# by corochan2003 | 2010-01-01 00:00

休憩


レンズキャップはフリスビー ♪


d0106559_19173765.jpg

[PR]

# by corochan2003 | 2009-12-28 19:17

THE NATURE AQUARIUM  「ADA CONCEPT」

まだ、新刊「ガラスの中の・・・」は持ってないので、スネて(笑) 

ほとんど話題にもならない古い本をネタに。

この本の発刊は1995年11月です。170ページ以上のボリューム。

分厚くなった、当時のカタログの3倍はありそうな厚みで、ハードカバーの豪華本です。

価格2800円也・・・高っ!(笑)

内容はと言いますと「ADAコンセプト」というサブタイトルが付いてる通り

「ADAのすべて」と呼べる内容ですが

「ADA商品カタログ」 「ネイチャーアクアリュームとは」 「社史」 「天野尚自伝」 ・・・。

めちゃバブリーなカタログのような物ですね。

マニアならいつかどこかで、見たり、読んだりした物の集大成です。

社屋も真新しく、使われてる写真は当時の新しい物が多数使われてます。 

勿論当時、ショップで買ったものなので、一般販売されてたものですが

ここまでメーカーのナルシズムを感じる本をよく売ったもんです。

買うほうも買うほうですが(笑) 今は宝物



つや消し処理された表紙が豪華です。
d0106559_5195994.jpg

元祖3種のピンセット 憧れたものです。
商品1つ1つに解説や秘話が出てます。無料配布のもとは別の雰囲気です。
ほとんど経典の世界・・・。
勿論、全商品登場してます。分厚い紙で(笑) レイアウトのこと、大判カメラのこと、スタジオ、社屋、ADAのイメージを確立させるための内容です。アクアメーカーがここまでやるか?という時代ですね。熱帯魚屋ではこんな本を置いてるのは画期的でしたからね。
 
d0106559_520947.jpg

レイアウトの写真も多数ですが、天野氏の写真集な部分も。旧「ガラスの中の・・・」の写真も使われてますが、クオリティーは現在と引けを取らないですね。当時こういう世界だからこそノックアウトされたんですよ。
d0106559_5201765.jpg

[PR]

# by corochan2003 | 2009-12-27 00:00

海老の本

Amazonの「あなたにおすすめ」で見つけた本です。

過去の購入履歴から、ええとこ突いてきますよ(笑) 

まるで心理を読まれてるようです。

最近はあまり、わざわざ本屋で探す事もしないので

目に付いたら読んでみたくなる。

初心者から使える本の為、そうディープな話題はないですが

海老の専門書としては、コレクション性はあるかも。


d0106559_2134167.jpg


また天野氏の特集がありました。掲載されてるの知らずに買ったのですが

ADAの海老への取り組みが判ります。

d0106559_21341016.jpg

[PR]

# by corochan2003 | 2009-12-26 21:29

ヤキメシ大盛り

いつもアンデスで、ピロセさんと、いつもの密会。

まだ食べたことなかった「ヤキメシ」  500円と非常にお手ごろ。

折角なんで、+50えんで大盛りに・・・。 あっちゃ~・・・とんでもない山盛り。。。

たった50円で倍になるのか?

とても食えそうにも無いので、ピロセさんのご飯の蓋が置いてたので、てんこ盛りのおすそ分けを。

今思うと、拷問やったかな・・・(笑)

ピロセさんも無謀な大盛りの注文してたし。しかし食べきったのはご立派です。


d0106559_2358027.jpg

[PR]

# by corochan2003 | 2009-12-24 23:58

海老用ソイル

はやくエビ用サブタンクを立ち上げないといけないのに、放置したままです。

せめてフィルターだけでも、ろ材が新品なので、水だけでもを回しておきたい!!

と、思いつつ・・・・。


ということで、海老用ソイルを入手してきました。 最近の言い方をすれば「吸着系」

最近ADAも、シュリンプ用フードを出してるのに、海老用ソイルは出さないんでしょうかね?

アマゾニアで行け!ってことかな? 

シュリンプフードとかを、この時期になぜ出したのかも謎ですけど。

「海老飼い」からすれば、後発すぎでなんとも・・・。 世の中腐るほど、フードが有り過ぎるので

ブランドで勝負してるのか?

本当に「海老」の展開をしてくれるなら「ソイル」を出して欲しい。

アマゾニアでは残念ながら海老の「白」を発光させることが出来ない残念な色

濃い茶色ですが、アマゾニアと最近良くある、「漆黒」のソイルでは、全く、見え方が違います。

赤・白主体、また、茶色がかった黒ビーの色は、「黒」にこそ映えるんですけどね。

照明の8000Kはバッチリ「白」を活かせてる色ですから、後はソイルを、ぜひよろしく!


今回は、「黒ソイル」・・・袋には美味しいことを一杯書いてます(笑)

まぁ配合はよく判らないので置いといて、「色」がいいので決定。

ショップでかなりの透明度を確立させるので、それを信じて立ち上げてみます。

この「黒ソイル」に居る「海老」は輝いてました。やはり「黒」には勝てない。


d0106559_21381042.jpg



d0106559_21382155.jpg

[PR]

# by corochan2003 | 2009-12-23 00:01

パッション用フィルター(笑)

以前がんばってたホームページが、プロバイダー変更したら、削除されてしまったようで、消えてしました。 データはこちらにも有るので、また借りて、アップ出来なくないのですが、古くて、あまり更新も出来なかったので、只今は、パッションも消沈してます(笑)
ということで、折角色々やってたので、古い画像ですが、ここに再復活です。




17cmキューブ用に横置きのフィルターを作ったことがありました。容量が1Lほどあるので、余裕もあって、これだけで維持できました。なぜか?外部式に拘ってたような。手軽に外掛けでも良かったんですが、パッションとは恐ろしい洗脳です(笑)
前景に植えられてるのが「コブラグラスショート」なんです。今ではどこにでもありますが、当時日本には未入荷で、ある方が香港から検疫を受け、持ち帰った物を、数株頂き植えてた頃です。
d0106559_31611.jpg



こんなのも作りましたね。これで維持もしてました。このマキシジェットのポンプは良く出来てまして、流量が17cmにぴったりです。もし、超小型を立ち上げるなら、まだまだ現役で使えるので、活かしたいです。
これのヒントは、「あとりえ麗」さんに教えてもらったものです。

d0106559_316886.jpg



現在の横置きです。2年ぐらいは使ったでしょうね。これも現役で使えますが、今ならもっと綺麗に接合部を補修できそうな気もします。
d0106559_3161853.jpg

[PR]

# by corochan2003 | 2009-12-23 00:00

インテリアアクアリューム

おまけのDVDが面白そうなんで、Amazonでポチッと、買ってみました。

半年に一度のペースの本みたいですね。これが1/1号、次回は5月末だそうです。

内容もなかなかの情報量です。

表紙開いたら「ADAのシュリンプフード」の広告でした。

特集は「小さな水槽がある暮らし」ということで

小型水槽が淡水・海水・テラ、共に多数登場してます。

内容も大人を対象にしてる感じ。写真も綺麗です。

AJと違って、メーカーの壁は無く、新しい情報が多くていいですね。

やはりこういう色々な世界を見てると、刺激があります。 



d0106559_1352387.jpg
 

特別付録は「天野尚 ロングインタビュー」のDVD

テーマは「ネイチャーアクアリュームの巨匠が語る レイアウト上達への道」 

社長が動くだけでもファンにはお値打ちかなと(笑)

インタビューとギャラリーのレイアウトも見れます。


d0106559_1374176.jpg

[PR]

# by corochan2003 | 2009-12-18 00:00

Speria Club チュルチュルグラス(仮名)

忘年会というほど大層でもなく、オフというほど固定もせず(笑)

・・・そんな気楽な集まりの播州方面ですが、各地から色々な方々が集まって頂けました。

今回の趣旨・・・。「たまには、みんなで飯でも・・・」という軽いノリです。

アクアのみにあらず、癖の強い、個性豊かな方々なので、見事にバラバラに盛り上がる!

それがええんですよ! だいたい、この手のおっちゃんらを纏めようなんて、無謀なこと(笑)

そして酒池肉林・・・。

■ ■ 宴もたけなわ ■ ■
 
で、天乃山研究所じょえ代表が、わざわざお土産にと、お持ち頂いた

「じゃんけん大会」の景品がこちら

「スペリアクラブ謹製 ストローグラス(AIR用)」by手作り 

幸運の女神のいたずらか?不幸続きの私の手に。。。(爆)

スペリアクラブの発足計画は、天乃山研究所を中心に随分以前から

着々と計画が進められてたんですね。 

この品もその一環の物だと解釈してます。

緻密に計算されたデザイン性の高さ

そして「純粋に楽しもう」という気持ちが伝わってきます。

「とんぼ玉」技法を用い作られてるとか。またエアーを通すと

「チュルリ~、チュ~ルリ~ラ~ラ~」と音がするそうな(嘘ですよ~♪)

なもんで、通称「チュルチュルグラス」


バッケージはもう元祖を越えてますけど。
d0106559_1673460.jpg

取説・・・本物かと思いましたがな。
d0106559_1674549.jpg

丁寧な設置方法、注意書き・・・本格的ですね。シリアルナンバー&製作責任者サイン付き(笑)
万一、割ったりしたもんなら、えらいことになりますで・・・。緊張するぅ・・・。
d0106559_1675270.jpg

どんだけ凝ってんねん(笑)
d0106559_16431980.jpg


折角なんで、17cmスペリアを出してきてパチリ。またセットせなあきませんね。
小さなポンプで「チュルチュル」させるのも面白そう。マイクロストーンでCO2添加にも使えますね。
稚拙な私の手に来たのも何かの縁です。「もっと発奮せよ」との暗示かもしれません。
お礼とともに、「スペリアクラブ」の益々発展を祈ります。
d0106559_16434294.jpg

[PR]

# by corochan2003 | 2009-12-16 00:00

ミニレイザー

ちっこいほうの、プロレイザーの改造が流行ってるみたいだ!

アクアの最先端はこれなのかもしれない(笑)

3mmボルトといえば、ラジコンカーの世界では1番多く使われるサイズなんで

あるとあらゆる物があります。世間で3mmでは、たかがネジ1本 ボルト1本なんですが

ハイレベルな車を作るには必需品。 だから、種類が多いんですね。

私の知る限り 粘りは鉄、その次がステンレス。ステンレスは色が数種存在するし、比率が色々。

軽さ・強さでは「チタン」が主流です。ただ3mmぐらいだと、いくらチタンとはいえ、激突の衝撃には

折れることがあるので、やはり贅沢品ではありますね。

軽量と言えば「アルミ」 当然のこと、ほぼすべての「アルミネジ」にはアルマイト加工されてるので

カラフルなものも多く存在します。

同じ折れるなら「アルミボルト」が人気で、ネジとしては高価ですが、強度はチタンには劣るものの

曲がれば「交換すればいい」という考えです。といっても、ブレードを止めるぐらいの強度は

十分過ぎるぐらいありますが。

と、どうでもいい事でしたが、ネジ箱をごそごそする。

とりあえず、「ブルービス」で挑戦(笑) これのアーレンキは2mmです。

なぜ?「ブルーか」たまたまこの色のアルミパーツで統一してるもんで(笑)



ブルービス仕様(アルミ)
d0106559_4371132.jpg




チタン仕様  ステンも好きですが、チタンの色も渋いかも。
そして何より軽い。このボルトは手のひらに乗せても、ほとんど重さは感じませんね。


d0106559_4373683.jpg



ステンレス マクロ撮りたかっただけ(笑) レンズキャップが邪魔で寄れましぇん・・・。
d0106559_4403162.jpg


意味は無く
d0106559_4424027.jpg

[PR]

# by corochan2003 | 2009-12-09 04:43